ミルク作りに欠かせない物|デリケートな肌である赤ちゃんの乾燥トラブルはコレで解決

デリケートな肌である赤ちゃんの乾燥トラブルはコレで解決

婦人とベビー

ミルク作りに欠かせない物

赤ちゃん

2つのタイプ

粉ミルクで赤ちゃんを育てている人にとって、哺乳瓶の存在はとても大事になってきます。最近は色々なメーカーから、様々なタイプの哺乳瓶が販売されており、どれを購入したら良いか悩んでしまう人も多いです。哺乳瓶には大きく分けて2つのタイプがあります。1つはガラス製のものです。現在は、ガラス製で作られているものを使うのが一般的になっています。特徴としては、熱湯を入れても耐久性があり、また水で冷やすと冷ましやすいという性質を持っています。もう1つは、プラスチック製のものがあります。こちらはガラス製よりは熱に弱かったり、冷やすのに時間がかかる傾向にありますが、持ち運びに便利です。重量が軽く、ガラス製のように割れる心配も少ないです。

乳首のタイプに注目

哺乳瓶を選ぶ際に、どの点を基準にすれば良いかについては、乳首の形をまず見ると良いです。乳首には色々な形があり、吸い込む部分が長いものや、赤ちゃんの唇が乳首にフィットして飲みやすい形のものもあります。赤ちゃんが安心してミルクを飲むことが哺乳瓶の目的ですから、メーカーの違ういくつかの哺乳瓶を試してみると良いです。時々、乳頭混乱といって、母乳と混合で与えている場合に哺乳瓶を拒否してしまうことがあります。赤ちゃんが快適にミルクを飲めるように、それぞれの哺乳瓶を赤ちゃんに使ってみて、最適なものを選ぶことが大切です。病院に入院中に赤ちゃんに使用していた哺乳瓶と同じものを選んで使ってみたりすると、赤ちゃんも混乱せずに飲めることが多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加